HOME > ステインが気になる人はハーブティを飲もう

ステインが気になる人はハーブティを飲もう

歯磨き粉のCMで「ステイン」という言葉を聞いたことがありませんか。ステインとは簡単に言えば歯の黄ばみなどの着色汚れのことを言います。よく紅茶を飲んだり、タバコを吸うと歯にステインが付着すると言われますが、これは紅茶に含まれるタンニンや、タバコに含まれるニコチンが、歯のエナメル質に結合してしまうために起こります。しかしながら、何も紅茶やタバコに限らず、ステインの原因となる食べ物や飲み物はたくさんあります。例えば緑茶に含まれるカテキンやワインに含まれるポリフェノール、コーヒーに含まれるカフェイン、食べもので言えばカレーなど、特に色の濃い食べ物や飲み物がステインになりやすいようです。もちろんすぐに歯磨きをすれば、着色汚れは防ぐことが出来ます。しかし仕事中に歯磨きできない人もいるでしょうし、磨き残しも当然あるでしょう。こうした毎日の積み重ねによってステインが出来てしまうのです。最近では歯医者に行けばホワイトニングをしてくれますから、ステインを除去することも可能です。当然お金はかかりますが、綺麗な白い歯の方が見た目の印象は良いですよね。特に年を取ると長年蓄積されたステインが歯にこびりついて、中々取れません。普段からコーヒーや紅茶を良く飲む、タバコを良く吸うという人は歯の黄ばみや黒ずみが気になる人が多いです。でもコーヒーや紅茶を良く飲むという人は、毎日の習慣になってしまっていますから、中々止めることは出来ませんよね。そのような方は少しずつでも良いので、ハーブティを飲むようにしてみてはいかがでしょうか。特にジャスミンティーやカモミールティなど、色の薄いハーブティは歯の着色汚れが付きにくいのでおすすめです。またワイルドストロベリーというハーブは歯の黄ばみを除去する作用もあるようですから、飲めば飲むほど歯が綺麗になるそうです。「芸能人は歯が命」と言われるように、白い歯は印象を180℃変えますから、歯のケアを始めてみてはいかがでしょう。