HOME > 空腹時にハーブティを飲んで食欲を抑える

空腹時にハーブティを飲んで食欲を抑える

どうしてもお腹が空いて仕方がない、というときに飲むと食欲が抑えられ、ダイエット効果抜群のハーブティがあります。それがラズベリーのハーブティです。ラズベリーって果物じゃないの?と思われるでしょう。確かにラズベリーはキイチゴの一種ですが、列記としたハーブの一種です。ほのかな酸味がスイーツの甘味に良く合うので、好きな女子も多いはずです。ラズベリーにはラズベリーケトンという成分がありますが、脂肪燃焼効果がカプサイシンのおよそ3倍もあり、お腹や足、二の腕にたまった脂肪やセルライトを除去する働きが抜群なのです。これはラズベリーケトンが脂肪と脂肪分解酵素の結合を助ける作用があるためで、脂肪分解酵素のリパーゼを含む食べ物を一緒に食べると効果がアップします。また空腹時に飲めば食欲が抑えられ、暴飲暴食を防ぐことが出来ます。カプサイシンといえば、唐辛子やラー油、タバスコに含まれる成分で基礎代謝を上げて脂肪燃焼を促したり、アドレナリンを分泌させて血行を促進し、発汗作用を促す成分として知られています。もちろんダイエットや冷え性にも有効と言われている成分です。しかしこのカプサイシンには毒性があり、食べ過ぎると危険な成分であることを知っていますか。ネットや広告では良いことばから謳うので鵜呑みにしてはいけません。というのも、カプサイシンは胃液をたくさん分泌させるため、食欲を増進させる作用がありますし、アドレナリンの分泌を促すことから食べ過ぎると脳にダメージを与えることがあると言われています。ですからカプサイシンを頻繁に摂取すると、精神障害を負うリスクを高めることを知っておかなければなりません。もちろん適量であれば問題はありませんが、早く痩せたいという思いがカプサイシンを過剰に摂取させてしまうことに留意しなければなりません。一方でラズベリーはカプサイシンと良く似た分子構造を持ち、基礎代謝を高めて体脂肪を効率よく下げる働きを持つものの、カプサイシンのような副作用はありません。実は海外のハリウッドセレブたちもラズベリーを愛用しており、ダイエットに成功したり美貌を手に入れることに成功しています。またラズベリーケトンは内臓脂肪を除去する働きに優れ、女性だけでなくメタボに悩む男性にもおすすめしたい成分と言われていますですからラズベリーのハーブティやエッセンシャルオイルを嗅いでリラックスした後は、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をすると効率よく脂肪が燃えてくれます。