HOME > ハーブティにカフェインは入っているの?

ハーブティにカフェインは入っているの?

ハーブティは味もさることながら色もカラフルで見た目もおしゃれです。
健康や美容にも良いことから人気が集まっていますが、ハーブティのメリットにカフェインレスであることがあり、毎日飲んでも副作用のような症状が出ないという点にあります。

日々コーヒーを飲んでいる人は多いと思いますが、コーヒーにはカフェインが含まれています。
カフェインを摂ると眠気が覚めたり、集中力を上げたりと良いこともありますが、摂りすぎると思わぬ副作用が襲ってくるかもしれません。

海外ではカフェインの摂りすぎによる死亡事故も発生しているようですが、カフェインには毒性があることも理解しなくてはなりません。
毎日コーヒーを飲まなくては落ち着かないという人もいるようですが、カフェインには一種の中毒性があり、飲まずにはいられなくさせる作用があります。

また急にカフェインを断とうとすると頭痛が襲ってきて、再度カフェインを飲まないと頭痛が治まらないという人もいます。
これも一種のカフェインの中毒性によるものでしょう。

カフェインを過剰摂取すると頭痛が襲ってきたり、吐き気や腹痛を起こす、動悸や息切れなどの症状が出ることもあります。
これは急性カフェイン中毒と呼ばれる症状で、とにかくカフェインを断つしか方法はありません。

実は私たちの身の回りにはカフェインを含んだ食べ物や飲み物は多く、コーヒーを止めても意外とカフェインを摂取しているものです。
何とかカフェイン摂取を止めたいという人は、何か口にしたい、喉が乾いたときはコーヒーを飲む代わりにハーブティを飲んでみてはいかがでしょうか。

ハーブの中には刺激が強いものもありますが、基本的にはノンカフェインですし、安全性の高い飲み物といえます。
カフェインの摂りすぎは睡眠の質を下げることも懸念されていますのでご注意ください。